• 巨大な看板
  • バス停の広告スペース
サッカーの横断幕

大判出力とは、一般的なプリンタでは印刷できない大型の印刷物を製作する印刷方法です。店舗の壁面広告や看板、横断幕などに利用されています。

大判出力では、雨や日光にも強いポリエチレンやポリエステル素材などにも印刷できるため、屋外展示場で使用される垂れ幕やのぼりなどの製作にも便利です。用途が非情に広く、またコストパフォーマンス的にもメリットが大きいため、今後日常生活において様々なシーンで目にすることが増えていくでしょう。

大判出力の注意点
大判出力で制作した垂れ幕や横断幕は、取り付ける場所によっては注意しなければいけない点があります。

講演会や発表会等で吊り下げて使用するようなものはなるべく軽量にすることによって設置しやすく、使用後廃棄する際も比較的楽に済ませる事が出来ます。また、宣伝広告などの用途として屋外で長期間使用する際には、防炎タイプの素材にしたり、破れにくい厚手の素材を選ぶことによって耐久性を上げることができます。しかし、強風時などはなるべく畳んでおくなど対策を取らなければ、破損して周囲に危害を加えることもあるのでそういった点には注意する必要がありますが、現在はメッシュ地になっている素材もあるので、そういった物を選ぶことによって多少リスクを下げる事が出来ます。

大判出力の必要性
大判出力は、一般的なプリンタには入らない大きな紙や布などに印刷をするときのために必要です。横断幕や垂れ幕を作るときには、いちいち染めていたのでは非効率的ですから、そういったときに大判出力が力を発揮します。

染めるのではないので、大きなものでも制作に時間がかかることはありません。安い値段で、入稿したデータ通りに印刷ができるので各所から評価が高いです。大きな印刷物を大量生産することもできますから、さまざまな場面で活用がされています。

おめでとう!

横断幕とは、横長の布などに文字を記載し、広く知らしめるための道具で、旗の一種です。

用途としては、スポーツやイベント等の試合会場において、選手やチームを応援するために使用される。また、広告や宣伝、告知のために橋や歩道橋、建物などに垂れ幕として掲示される場合もあります。

横断幕の作成法は、最近はPCやプリンターが普及したことから、作成業者はソフトでイラストを作成し、大型プリンターにて大判出力しています。

横断幕・垂れ幕を注文する前の基本情報
横断幕や垂れ幕は、業務用バナーの一種で、大きな布にメッセージ等をプリントしたものです。

その種類は、スポーツ応援用から企業の広告宣伝まで幅広く活用されており、業者はインターネットや電話でデザインから印刷まで一環サポートし、注文から最短約一週間ほどで手元に届きます。

また、注文する際、オリジナルデザインの入稿や定型化されていたものも数多く揃っているため、選択肢が多数用意されているのも特徴の一つです。

一般的な横断幕の製造法は、DMやチラシなどの印刷機とは別の大判出力専門の印刷機が利用されます。

横断幕について
広告やスポーツなどの応援に用いられる、横長の大きな布などに文字を書いたものを横断幕といいます。

また似ていますが文字を書いたものが縦長のものだった場合、それを垂れ幕と呼びます。

横断幕は主に応援や宣伝広告で用いられますが、そのメリットとしては視覚的に多くの人に内容を伝えられる点が挙げられます。街頭などで建物の壁面や高所などに大きく飾る事により、行き交う人の目に付きやすく多くの人に書かれている内容を見てもらう事が出来るのです。